「オレンジジュース」に関して論文や本を書く事になったら、どんなことを調べる?「つむじ風」の一般的な解説なんかかな。もしくは、自分独自の観点からの意見だろうか。

「オレンジジュース」に関して論文や本を書く事になったら、どんなことを調べる?「つむじ風」の一般的な解説なんかかな。もしくは、自分独自の観点からの意見だろうか。

何度も言うけどカレーのルウは4倍にしてね

↑ページの先頭へ
枠上

凍えそうな月曜の夜明けに友人と

南九州の高齢の奥さんは、日々、花を墓前にやっているから、なので、菊が大量に必要で、切り花農家も山ほどいる。
深夜、車で走っていると、菊の為のの灯火が頻繁に深夜、車で走っていると、菊の為のの灯火が頻繁に視野にはいってくる。
民家の光源は大変少ない農村だけれども、しかし、菊の栽培ライトはしょっちゅう目撃する。
菊の栽培光源はさいさい視野にはいってきても人通りはとってもわずかで街灯の照明も大変わずかで、危ないので、学生など、JRの駅まで送り迎えしてもらっている学生ばかりだ。

無我夢中で踊る彼と月夜
待ち合わせの時間つぶしに、横浜美術館に行って以来、あの空間に病みつきだ。
意外だったのは、一人でのんびり観賞しに来ている方も少なくなかったこと。
それ以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、企画展示がすごくそれ以来私も、一人でも行けるし、誰か誘って行くこともある。
江戸東京博物館は、イベントがとてもあの有名な横須賀美術館には、私の好きな谷内六郎の作品がたくさんある。
どんな人かと言えば、有名な週刊誌、新潮の表紙絵を担当していた作家さんだ。
その他、栃木県にある、竹久夢二美術館で大量のポストカードを買った経験も。
今までずっと、絵にはなにかと素敵な空間を過ごさせてもらっている。
枠下 枠上

一生懸命自転車をこぐあの子と公園の噴水

ある日、沖縄本土まで仕事に行った。
この辺りはとても暑い!
薄いカットソーの上に、スーツのジャケット。
汗まみれになりすぎて、上着の背広は凄い事に。
泊まり先にへついて、ジャケットをボディーシャンプーで洗った。
翌日ジャケットはイチゴの匂いがした。
スーツが痛むのではないかと気になったけれど、それでも洗った方が良いと思っていた。

笑顔で走るあなたと観光地
一つの体のおおよそは水分だという研究もあるので、水分摂取は一人の人間の基礎です。
水分摂取を充分に行い、一人一人が健康的で楽しい季節を満喫したいものです。
ぎらつく太陽の中から蝉の声が聞こえるこの時期、いつもはあまり出かけないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女性だと紫外線対策についてマメな方が多いかもしれません。
夏の肌のスキンケアは秋に出るといいますので、やっぱり気になってしまう所かもしれません。
そして、誰もが気にかけているのが水分摂取についてです。
まして、いつも水分の過剰摂取は、良いとは言えないもののこの時期ばかりはちょっと例外の可能性もあります。
なぜならば、たくさん汗を出して、気付かない間に体から水分が出ていくからです。
外出した時の本人の具合も影響することでしょう。
ひょっとすると、自分で気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
暑いときの水分摂取は、次の瞬間のコンディションに出るといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
少し歩くときにも、ちっちゃいもので大丈夫なので、水筒があればとても便利です。
一つの体のおおよそは水分だという研究もあるので、水分摂取は一人の人間の基礎です。
水分摂取を充分に行い、一人一人が健康的で楽しい季節を満喫したいものです。
枠下 枠上

余裕で口笛を吹く子供と月夜

友人の自宅のベランダにて成長しているトマトは、可哀想なミニトマトかもしれない。
ぎりぎりまで水分を与えなかったり、たまにお茶をあげてみたり、オレンジジュースをプレゼントしてみたり。
酔った私と彼女に、ビールを飲まされた時もあり。
トマトの親である友達は、今度興味でトマトジュースを飲ませたいという。
もうミニトマトの気持ちは完全に関係ない。

笑顔で踊るあいつと気の抜けたコーラ
切り絵やフォトなど美術が嫌いではないし、デッサンも得意だと思うけれど、写真が非常に苦手だ。
とは言っても、過去には一人前に、キャノンの一眼を大切にしていた時期もあり、出かける時には必ず持ち歩いたりした。
笑えるほど視点が合わないし、センスのない配置なので、カメラがあきれているようだった。
それは良いとしても、カメラや現像はやっぱり面白いと思った!
枠下 枠上

暑い週末の晩は椅子に座る

私は前から、素肌が全然強くないので、ちょっとしたことでかぶれてしまう。
それもあるし、ボディーシャワーの肌に残る感覚が気持ち悪い。
しかしながら、真冬は思いっきり乾燥しまくるので、無添加のスキンローションを使っている。
これらの製品の残念なところは、価格設定が非常に高いところだ。

勢いで大声を出す母さんと暑い日差し
職場で関わった女の人がいる。
ちょっと風変わりなイメージで、その話がいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
幼稚園教諭の免許、スキューバーの資格、通関士。
児童英語教師、フランス語検定2級、元スッチー。
公認会計士まで受かったと聞いたような。
さすがに公認会計士の件を母に話してみたところ、君の勘違いだと思う、など言われたけれど。
彼女は、30歳年上の上司と職場結婚で退職していった。
枠下 枠上

泣きながら熱弁する母さんと濡れたTシャツ

友人と1時に会う約束していた。
天神の駅の恒例の巨大なテレビ画面の前。
待っていると、ちょっと遅くなると連絡が入った。
この駅はみんなの集合地点なので、人々は次第にどこかへいってしまう。
携帯で曲を聴きながら、景色を眺めていた。
でもあまりにも暇なので、近所の喫茶店に入り、コーヒーを飲んでいた。
30分たって、同級生がごめん!と言いながらきてくれた。
お昼どこはいる?と聞くと、パスタにしようとの事。
ホットペッパーを見てみたけれど、いい店を探しきれなかった。

喜んで叫ぶ妹と公園の噴水
少年は夜中の三時に起きてしまった。
夏休みに入って2週間くらい過ぎた頃のことだった。
あまりの暑さに目が覚めてしまったのだ。
せんぷうきは部屋の空気を混ぜているだけで、まったくもって涼しさを感じない。

眠れないし、お腹も空いたので、少年は大好きなカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫の中を確認し、肉と野菜を切って、調理を始めた。
夜明け前には、少年の家からは、とても美味しそうなカレーのいい香りがしてきた。
枠下
枠下
枠上

サイトメニュー

枠下
Copyright (c) 2015 何度も言うけどカレーのルウは4倍にしてね All rights reserved.